私はクレイが大好きなので
ショップではクレイ入りの石けんをよく作ってお出ししています。

 

『クレイセラピー』って言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

セラピーなんて大げさなものではないかもしれませんが、
いつも作っている石けんに
クレイを入れるだけで全く違う石けんが出来上がります。

 

クレイとは粘土鉱物のことで、
含まれるミネラルとその比率・状態によって色合いが異なり
種類も変わります。

 

私がこれまでショップでお出ししたことがあるクレイ石けんは
シークレイ、レッドクレイ、ローズクレイ、イエロークレイ、
ホワイトカオリン、ガスールクレイ、グリーンモンモリロナイト、
あたりでしょうか。

 

クレイ石けんはクレイの色がほぼそのまま石けんに出ますので、
模様付けや色付けにも使えます。

 

色が青い『ブルークレイ』というのもありますが
こちらは残念ながら石けんに入れても色が残りません。

 

モンモリロナイトとガスールクレイは
水分を加えると吸収して膨れ上がるタイプのクレイですので、
手作り石けんに入れるにはちょっとコツがいります。

 

クレイ石けん作りに慣れないうちは
カオリナイトやイライトと呼ばれるクレイから始めた方が
作りやすいかもしれません。

 

クレイを石けんに加えるタイミングは
マーブルなどの模様付けをしたいのであればトレース後、
石けん全体に入れるのであれば
オイルと苛性ソーダ水を合わせる前にオイルに入れるのが作りやすいかと思います。

 

トレース後に入れる場合はクレイがダマになりにくいように
予めクレイをふるって細かくしておくといいですよ。

 

オイルに直接入れるときはクレイがダマにならないように
苛性ソーダ水を合わせる前に、よく混ぜて下さいね。

 

クレイ石けんの型入れ後の保温時は
あまり温度が上がりすぎないように気を付けた方が仕上がりが綺麗です。

 

 

 



過去のブログを読み返してみて気付いた、ミルク石けんの作り方の追記です。

 

手作り石けんでミルク系を作りたい場合、
ミルクパウダーを使うのが一般的かなと思います。

 

一番メジャーなのはゴートミルクパウダーでしょうか。

 

ココナツミルクパウダー、バターミルクパウダー、ヨーグルトパウダーなんてのもありますね。

 

ミルクの種類によって使用感も違いますので

色々試してみると楽しいですよ。


スーパーで普通に手に入るようなフレッシュミルクも優良な素材です。

 

牛乳、豆乳、生クリームあたりでしょうか。

 

ただそれらのフレッシュミルクを使う場合
ミルク系石けん独特の出来上がり時のアンモニア臭が苦手な方もいらっしゃるかもしれません。

 

石けんを乾燥させているうちにアンモニア臭は自然に飛んで
気にならない程度になりますが、
あの匂いが好きな方はあんまりいらっしゃらないかな と思います。

 

以前、知り合いの主婦の皆様に頼まれて
手作り石けんの作り方を教えていた時期があるんですけど、
手軽に手に入る素材を使ってトレースが早く出るレシピをと依頼されて
豆乳石けんの作り方を教えて差し上げましたところ。

 

そのレシピをすごく気に入って下さって
石けんを作ることも楽しくて、ご自分1人で何度かキッチンで作ったのだそうで。

 

その後、その石けんを置いて乾燥させている部屋のアンモニア臭で
家族から苦情を言われたと嘆いていた方がいらっしゃいます。


精油で香りを付けたいときにも、あの独特な匂いは邪魔になります。

 

繊細な香りの精油だと負けちゃいますからね。


ミルクパウダーだとアンモニア臭は弱めです。

 

ミルクパウダーを入れるタイミングですが、
以前は予めパウダーをぬるま湯で溶かしておいて
オイルと苛性ソーダ水を合わせてから入れるが主流の作り方でした。

 

あれこれ試してみた結果、最近は
苛性ソーダ水と合わせる前のオイルにパウダーを直接入れています。

 

オイルとパウダーは混じり合いませんが、
苛性ソーダ水を入れて撹拌しているうちに溶けます。

 

オイルにパウダーを入れたまま放置するとダマになることもありますので、
必ずパウダーを入れてからよく混ぜて下さいね。

 

手軽で作りやすいので是非お試しください。

 

 

 

* * * * *

 

私が石けんを作り始めてから17年。

 

ウェブショップを始めてから来月で15年になります。

 

来月の販売時はご愛顧下さった皆様へ、
心ばかりのちょこっとプレゼントをと考えています。

 

後程ご案内致しますので楽しみにお待ち下さいね。

 

 

 

最近どうも忙しくて

それって私の時間の使い方が下手なせいもあるのよね

と、反省しつつ。

 

もうちょっとマメにブログの更新もしたいと思ってます。

 

 

 

 



今回は先日書こうかなといっておりました、

ハチミツ石けんの作り方の改定版です。

 

改訂版だなんて言っても、そんなに大きく目新しいことはないんですけれど・・・

 

なぜか「ハチミツ石けんの作り方」のページへのアクセス数が多いみたいなので、

ちょこっと情報を付け足して分かりやすくまとめておきますね。

 

 

 

手作り石けんにハチミツを入れるタイミングですが

これは前回も書いておりました通り。

 

・苛性ソーダ水溶液に予め混ぜておく
・オイルと苛性ソーダ水溶液を合わせて混ぜた後すぐに入れる

・トレース後、型入れ直前に混ぜる
 

だいたい上の3パターンかな、と思います。

 

手作り石けんの作り方本などは

3つ目の「型入れ前に入れましょう」が多いのかな。

 

私もかれこれ手作り石けんを作り続けて17年くらいになりますが

最初はセオリー通りに型入れ前に入れてました。

 

型入れ前に入れる場合、

ハチミツは種類にもよりますが粘度が高いので

石けんダネとよく混ぜたつもりでも混ぜムラになることもあります。

 

ハチミツをあらかじめ少量の水で溶いて、レンジでちょっと温めれば尚ベター、

ゆるくしておけば混ぜムラが出来にくいかと思います。

 

それと恐らく、ハチミツ石けんの作り方のページのアクセスが多い理由の一つかと思いますが

ハチミツ石けんは出来上がりに難が出やすいレシピです。

 

出来上がった石けんが茶色い汗をかいていたり、

石けんにすが入ったような

細かい気泡が出来て見た目が悪くなってしまったり、

それが更にすすむと石けんの表面に細かい粒々がびっしり出来たり、

17年間じつに色々な石けんを作ってきた中で

ハチミツ石けんの失敗が一番多いんじゃないかな。

 

失敗と言っても少々の難なら使用には差しさわりありませんが、

どうせ作るならキレイな石けんを作りたいですよね。

 

このハチミツ石けん独特の失敗パターンは

型入れ後の温度上昇が過ぎると起きることが多いです。

 

なので、温度上昇しやすいミルク系とハチミツを合わせる場合は要注意。

 

石けんの温度の急な上昇を避けるために

型入れ前の石けんダネの温度をやや低めにしておくとか、

保温方法を工夫するとか、対策が必須です。

 

かといって、保温時の温度が低すぎてジェル化しないのは

石けんとしての出来上がり的におススメできません。

 

「ジェル化」ってあまり手作り石けんの本には書いていないかもしれませんけど、

ジェル化した石けんとしない石けんとでは大きな差が出ます。

 

ジェル化の化学的な詳しい話はネットで検索すると

詳しい方が分かりやすく書いて下さってるページがあると思いますので

是非そちらをご参考に。

 

それでですね、今まで数えきれないほどハチミツ石けんを作ってきた

私個人的にオススメなハチミツを入れるタイミングですけれど。

 

・苛性ソーダ水溶液に予め混ぜておく

 

が、失敗が少なく、且つ、作りやすいかな、と思います。

 

ハチミツを多めに入れる場合はその分、苛性ソーダ水溶液の水分を減らして下さいね。

 

ハチミツ石けんは出来上がりが柔らかく仕上がりがちなので、

最初から水を少なめにしておくのもいいと思います。

 

それと、多めのハチミツを苛性ソーダ水溶液に入れる場合は

ハチミツと苛性ソーダと反応して、

苛性ソーダ水溶液の温度が上昇する場合があります。

 

ですので時間をおいて苛性ソーダ水溶液の温度がやや下がってから

ハチミツを入れるのがおすすめです。

 

ハチミツの種類もいっぱいありますけど

マヌカハニーは出来上がった石けんにムラが出来る確率が高めな気がします。

 

普通のハチミツよりもマヌカハニーの方が濃いからでしょうか。

 

それともマヌカハニーにしかない何らかの成分が作用しているのかもしれませんね。

 

 

 

 

奥が深い石けん作り、私もまだまだ楽しみたいと思います。

 

 

 

 



先日、このブログをお読み下さっている方から
メールで石けん作りについてのご質問をいただきました。

詳しいご質問の内容はここではお伝えできませんが、
ご自身で作る石けんが思うようにいかなくてお困りとのこと。

たぶん こうしたらいいんじゃないかな?
と思うアドバイスをいくつか書いてご返信したのですが、
その中で一つ、
これは石鹸作りすべてに共通するであろう
よい石けんを作るコツをふと思い出したのでこちらにも書いておきます。

それは、石けんの乾燥ってけっこう大事、ってことです。

手作り石けんは光(日光、蛍光灯の光)が大敵で
作った石けんの乾燥時の保管場所は通気のよい涼しい冷暗所が鉄則ですが、
この『通気のよい』っていうのも けっこう重要なんじゃないかなと。

石けんを通気の悪い、風通しのあまりよくない場所や
湿度の高い場所で乾燥・保管した場合、
光を遮った場所に置いてあっても石鹸の酸化、劣化が早い気がします。

我が家は典型的な転勤族で、
盛岡、秋田、厚木、札幌と移り住み
行く先々で石けんを作ってきましたが、
東北内陸に位置する盛岡は空気がからりと乾燥していたからか
夏場の気温はけっこう高くなるにもかかわらず、
それほど石けんの乾燥・保管に不便を感じたことがありません。

日本海側で年中湿度が高めの秋田、
梅雨のじめじめと夏の猛烈な暑さと湿気がはんぱない神奈川県厚木市、
この2か所は石けんの保管場所を確保するのが大変でした汗

今は冷涼な気候の札幌住まい、
大型クローゼットの中をちょこっと改造して乾燥機を入れて
石鹸専用の乾燥室にしていますが、
石けんを切り分け乾燥を始めてから最初の2〜3週間は
空気の乾燥する季節であっても乾燥機をフル稼働させて
乾燥最初の段階からしっかり乾燥させると
良い石けんになると感じています。

もし、せっかく作った石けんの酸化が早いと感じたならば、
レシピそのものを見直すのも必要かもしれませんが
石けん乾燥時の保管場所を改めて確認してみて下さい。


ちなみに乾燥が終わった石けんの夏場の保管、
冷蔵庫がおすすめ。

食品などに匂い移りしないよう密閉容器に入れて、
出来れば乾燥剤も一緒に入れると完璧です。


* * * * *

先週の金曜日、長男の高校の学校祭のPTAバザーのお手伝いで
久しぶりにバスに乗ってお出かけ。

予定よりも早く着いたので、
北海道知事公館の庭園を少し散策してから高校へ向かいました。



ビルやマンションだらけの札幌中心部に程近い位置にあるのに、
庭園の広い敷地内は緑が広がっていて別世界。
北海道開拓時代の原生林もいくつかそのまま残っているのだそうです。

空気が気持ちよかった〜!

近いうちに すぐお隣の近代美術館に行こうと思ってたので、
次はゆっくり来ようと決めました。


高校の学校祭はすっごく盛り上がってて
学生さんたち皆 目がキラッキラしてて とっても楽しそうで。

PTAのお仕事が終わったあと、
3年生各クラスのステージ発表を体育館の隅っこで特別に見せてもらいました。

スーパーマリオのゲーム世界をダンスで表現してたり
昔話をアレンジしてコメディにしてたり
どのクラスも工夫してて面白かったんですけど、
女装した男子学生さんが出てくる率が高い高い(笑)

そういえば私の高校の学校祭でも
美しさを競う本気の「女装コンテスト」があったな〜と
ちょっと懐かしく思い出したり
私もいっぱい元気もらいました。

 


もうすぐ発売の『オレンジバター&メンソール』石けん。



オレンジのイメージに合わせて
鮮やかなオレンジ色の石けんにしたくて
レッドパームオイルを少し入れています。

オレンジバターもきれいなオレンジ色なのですが、
それだけだとやや発色が薄くて。

このきれいな石けんのオレンジ色はレッドパームの賜物です。

レッドパームオイルは
カルディなどの輸入食品屋さんで扱っていることもあるので、
見たことがある方もいるかもしれませんね。
「カロチーノプレミアム」という商品名で売られています。

ルビーレッドの色鮮やかなパームオイルで、
手作り石鹸でオレンジ色の石けんを作りたいときは
このオイルを入れるのが一番手っ取り早いです。

たくさん入れると濃い鮮やかなオレンジ色の石けんに、
極少量入れると可愛いひよこ色の温かみある色合いになります。

ただ、このレッドパームオイルを入れた石けんは
作ってすぐは鮮やかなオレンジ色でも、
時間が経つにつれて徐々に色が抜けて白っぽく退色してしまいます。

その退色を防いでくれるのがハチミツ。
ハチミツを入れるのと入れないのとでは大違いです。

ハチミツを入れておくと、
数か月経ってもオレンジ色はさほど退色しません。

手元に実証した石鹸の写真でもあると一目瞭然なんですけれど、
残念ながら無いので
私の石けん作り15年の経験では・・ということでご納得頂ければと。

もちろん、
今回の『オレンジバター&メンソール』石鹸にもハチミツを入れていますよ。

レッドパームオイルでオレンジ色の石けんを、と思っている方は
参考にしてレシピを考えてみて下さいね。


* * * * *

昨日の朝に高校生の息子達のお弁当のおかずにと揚げ物をしていて、
高温の油がはねて指に火傷してしまいました・・(>_<)
ちょっと時間なくて焦ってたんです。

すぐに流水で冷やしましたが
お弁当作りの真っ最中なのに指を冷やし続けるわけにもいかず、
ようやく出来上がったお弁当を二人に持たせて
ホッと一息つく頃には指がズキズキと痛んできて。

ラベンダー精油を火傷したところに塗って
絆創膏をまいておくとすぐに痛みは引いたのですが、
2時間後に絆創膏を剥がしてみたら見事な水ぶくれになってました。

水ぶくれになっちゃうレベルの火傷は久しぶりです・・・

いつもなら、ちょっと揚げ物の油がはねたくらいなら
流水ですぐに冷やしてからラベンダー精油を塗っておけば
痛みも痕も残らずに治っちゃうんですけど。
今回は治るまでに時間がかかりそうです。

ちなみに、直接肌に付けてもよい精油はラベンダーとティーツリーくらい。

ラベンダー精油には鎮痛、殺菌効果、皮膚の細胞成長促進作用があるので、
我が家では火傷にはささっと直接患部に塗って使います。
火傷に効いて香りにも癒されて一石二鳥。

ラベンダー精油は本当に便利な精油なので、
もし精油を1本だけ無人島へ持って行けるとしたら
私なら間違いなくラベンダーを選びます。

とりあえず、早く火傷、治らないかなぁ・・・





 


先日のブログで書いた
メンソールクリスタルを入れた石けんの作り方のコツ、
さらっと書いておきますね。

季節的にメンソール石けんを作ろうと思っている方が
そろそろいらっしゃるんじゃないかな〜と思うので、
どなたかの参考になれば。



メンソールクリスタルは
L-メントール(エル‐メントール)のほぼ100%の結晶です。
水にはほとんど溶けません。

オイルを湯煎する時に入れて溶かしておくのが
恐らく一番簡単に作れておすすめですが、
メンソールクリスタルは42度以上で溶解するので
オイルの温度が出来るだけ42度に近い時に入れましょう。

42度前後の温度でゆっくり溶かすといいです。

オイルの温度が高い状態で入れると、
あっという間にメンソールが揮発してしまいます。


メンソールクリスタルの結晶が小さければ
トレースが出てから型入れ前に入れても溶けます。

トレースが出てから入れる方が
メンソールのロスが少ないのですが、
結晶が溶け切らない可能性もあるので
やっぱり、オイルに入れて溶かしておく方が無難です。

温度が高い状態におくと
メンソールがどんどん揮発してしまいますので、
型入れ後の保温時はこまめに温度チェックして
温度が上がりすぎていないか確認したほうがいいです。
けっこう、保温時に温度が上がりやすいです。

メントールクリスタルが手に入りにくければ、
薬局に行くと売ってる日本薬局方の「はっか油」を使う手もあります。

ハッカ油はメントールを30%以上含んでいると表記されてますので、
メントールの結晶を入れるには及びませんが
メンソール石けん独特の心地よい清涼感は得られますよ。




ショップでは次回6月販売分に
ペパーミント精油とスペアミント精油を使った石けんをお出しします。

メンソールクリスタルの石けんは
7月にたくさんご用意致します。

そちらのご案内はまた後ほど致しますので、
楽しみにお待ち下さいね。



正直申しまして、
このブログを見に来て下さる方は
とっても少ないと思ってました。

だってほら、
書いてることといえば
ショップのお知らせとか、
こんな石けん作りましたよ〜とか、
手作り石鹸の作り方とか。

どちらかといえばマイナーな、
マニアックな内容ですよね。

一応 アクセス解析を付けてるので
何気なくアクセス件数をチェックしてみたら
意外と見に来て下さっている方が多くて驚きました。
ありがとうございます。

付けているアクセス解析は
どんなワードを検索して
うちのブログに来てくれたのか、
なんてことも分かります。

非常に便利です。

あまり活用してないのがもったいないですね。

前置きが長くなりました。

それで、「ハチミツ石けんのハチミツを入れるタイミング」です。

このワードで調べて
うちのブログに来て下さった方がいらっしゃいました。

前にも 書いたかもしれませんが、
また書いておきますね。

ハチミツの量は1バッチ(500g〜600gバッチ)あたり
大匙1杯〜3杯くらい。

入れたハチミツの分量の分、
苛性ソーダを溶かす水の量を減らした方が無難です。

ハチミツを入れると
出来上がりが軟らかめになりやすいからです。

もっとたくさんのハチミツを入れる場合も
同じように水の量を減らして調整して下さい。

500gバッチで、最大ハチミツ50gまでいけます。

ただし、ハチミツ50g入れるのならば
石けんのオイルレシピをハードオイルを多めにするとか、
バターを多めに入れるかして
石けんの硬さが出るようにしないと
出来上がりが柔らかすぎて扱いにくくなります。

ハチミツを入れるタイミングは
少量のハチミツであれば
石けんダネを撹拌してトレースが出てからでもOK。

ただし、ハチミツを粘度の高いまま入れると
石けんダネとキレイに混じりあわない可能性があるので
少し温めてハチミツを緩くしておくか、
予め少量のお湯でハチミツを溶いておく方がよいです。

苛性ソーダ水にハチミツを入れて、
ハチミツ入り苛性ソーダ水+オイルで石けんを作るのも
手軽でおススメです。

ただし、苛性ソーダ水の温度が下がってから
ハチミツを入れて下さい。

ハチミツを入れると苛性ソーダ水の温度が上がります。

入れるハチミツの量によっては
驚くくらい苛性ソーダ水の温度が急上昇するので、
安全第一に、ゆっくり混ぜて下さいね。

個人的には、
ハチミツをトレースが出てから入れるよりも
苛性ソーダ水に予め溶かしてしまう方が
石けんの出来上がり時の色むらが出来にくい感じがするので
最近はもっぱら後者の方法で作ってます。




次回発売の石けん「マカダミア&アーモンド」です。



同じレシピで、精油で香り付けしたものがこちら。



精油で香り付けしたものの方が、
ピンクベージュがかったお色になっているのが分かるでしょうか?

リツエアクベバ精油の影響だと思われます。

石けんの出来上がりの色には影響しない精油がほとんどですが、
このリツエアクベバ精油(メイチャン、とも呼ばれます)は
淡いピンクベージュに発色することがあります。

いつもはここまではっきりと色の変化は出ませんが、
おそらく今回はカレンデュラパウダーと合わせて入れたために
強めに発色したようです。

リツエアクベバ精油は
レモングラスのような柑橘系を思わせる爽やかさと、
軽くスパイシーな香りが心地よい
石けんに入れても香りがそのまま残りやすくて使い勝手の良い精油です。

* * * * *


先日、盛岡の友人がはるばる札幌まで遊びに来てくれました。
会うのは5年ぶりです。

2泊3日の短い滞在でしたが、
一緒に札幌市内や小樽、積丹方面をまわって
小樽の朝里川温泉にお泊りして
とてもとても、楽しい時間を過ごしました。

遠くから来てくれた友人に感謝です。

あまりにも楽しかったので、
友人が帰ってしまった翌日は
なんだか気が抜けてぼんやりしてました。
遊び疲れてたのかも汗

29日の発売分の個包装作業がまだ残っているので
気持ちを切り替えて頑張りますね。


今回はメンソールクリスタルを使った
「メンソール石けん」の作り方のご紹介。

基本の手作り石けんの作り方に
メンソールクリスタルを入れると
香りも涼やかなメンソール石けんが出来上がります。

メンソールクリスタルを入れるタイミングはいくつかあります。


・軽く温めたオイルに入れて予め溶かしておく

・型入れ前の生地に入れる
 (結晶が大きい場合は乳鉢ですりつぶして細かくしてから)


他にも方法はありますが、
コールドプロセス法で作りやすいのは上記の2通りかと思います。

メンソールクリスタルは融点が42〜44℃。

湯煎したオイルに入れる方法が手っ取り早くておすすめですが、
あまりオイルの温度を上げすぎてしまうと
せっかくのメンソールがどんどん飛んでしてしまいます。

型入れ前の生地に入れる方法だと
メンソールの結晶が大きい場合は
溶け切らずに残ってしまう可能性がありますし、
石けん生地の温度が低いと溶けません。

保温中にあまり温度が高いと
やはりメンソールが飛んでしまいますので
あまり高温にならないように保温するのが望ましいです。

メンソールクリスタルを入れる量は、
これはもうお好みですね。

個人的にはあまり入れすぎない方が好みです。

ちなみに例年ショップでお出ししているメンソール石けんは
オイル重量の2%のメンソールクリスタルを入れています。

* * * * *


今年も夏前にメンソール石けんをご用意致します。

いつもは1種類ですが、今年は2種類です。

ショップでも人気のあれとメンソールのコラボです。

何とメンソールのコラボかは、どうぞお楽しみに。



今回はレッドパームオイルのご紹介。



とってもキレイな、濃いオレンジ色。

このオレンジ色は天然のβ-カロテンによるものです。

このレッドパームオイルを精製すると濃いオレンジ色は失われ、
いつも使う淡いクリーム色のパームオイルになります。

レッドパームオイルをたくさん入れると、
オイルの色そのままの
鮮やかなオレンジ色の石けんになります。

が、たくさん入れると色移りが気になるので、
私は多くてもオイル全量の10%程度までしか入れません。

前に失敗しちゃったことがあります。

本当に色の濃いオイルなので、
仕上げに大匙1程度入れただけでもきちんと色が出て
可愛いひよこ色の石けんになります。



本日レッドパームオイルと、
オレンジバターを使った石けんを仕込みました。

只今保温中。

4月発売予定です。





Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Lavie soap

 * ショップはこちらから *
   “Lavie soap”

LINE@ はじめました

   友だち追加数
   ID= @neu8457t

ショップでの石けん発売前に
発売日と割引キーワードを、
SALE情報(不定期)なども
お知らせ致します。
お使いのLINEで『友だち登録』して下さいね♪

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Sponsored Links

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM